/トッテナム・ホットスパー:ボーンマスのネイサン・アケの動向を注視

トッテナム・ホットスパー:ボーンマスのネイサン・アケの動向を注視

トッテナムは将来の守備の強化を図ってボーンマスのネイサン・アケにスカウトを送り込み注視を続けている。

 

2017年にチェルシーからボーンマスに加入してから好印象を残すアケ。その能力値は、スパーズのスカウト陣が評価基準とする多くのチェック項目を満たしている。

その項目のなかで、スパーズが必要とする「ホーム・グロウンの選手」というのも大きな評価につながっている。

夏にアストンビラからジャック・グリーリッシュの獲得に失敗し、8人のホーム・グロウン枠を使い切れていないままシーズンに突入。結果、スパーズのプレミアリーグ登録選手は上限の25に1つ足りない24人となっている。

スパーズの主力センターバックの2人、トビー・アルデルヴァイレルトとヤン・フェルトンゲンは、共に今シーズンいっぱいで契約が満了を迎える。ただし、アルデルヴァイレルトの契約は1年の延長オプションが行使可能で、行使と同時に2500万ポンドの移籍金条項が有効になる。

スパーズは、シーズン終了時には32歳になるフェルトンゲンと30歳になるアルデルヴァイレルトと契約延長を望んでいるが、同時に、昨シーズンから若手センターバックの獲得にも動いている。

TAGS: