/PSGがネイマール放出後にクリスチャン・エリクセンの獲得に動く [talkSPORT]

PSGがネイマール放出後にクリスチャン・エリクセンの獲得に動く [talkSPORT]

パリ・サンジェルマンがクリスチャン・エリクセンの獲得に遅ればせながら一撃を加えるかもしれない。

Le Parisien(ル・パリジャン)によると、フランスの巨人はその去就が不安定になっているトッテナムのプレイメーカーの獲得への動きを検討している。

PSGはネイマールの移籍をめぐりバルセロナと交渉中で、放出が決まればエリクセンに狙いを定めているとされる。

スパーズのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、日曜日のニューカッスル戦で敗れた後、エリクセンにとってその敗戦がスパーズでの最後の試合になるかどうか、わからないと認めていた。

来年の夏にスパーズとの現在の契約が満了となる27歳のエリクセンは、6月初に新しい挑戦に意欲的であることを認めた。

なお、エリクセンはトッテナムの今シーズンのプレミアリーグ3試合のうち2試合で途中出場となっている。

ポチェッティーノはエリクセンの将来について次のように語っていた。

「簡単な状況では無いよ。ヨーロッパの移籍マーケットがまだ開いているので、チームを動揺させる可能性があることはわかっていた。これから10日以内にマーケットが終了し、そこではっきりするのは間違いないね」

フランスの移籍マーケットは9月2日まで開いている。

PSGは、ネイマールをバルセロナに放出することで合意に迫っているとみられ、その後に新戦力の補強への動きを強化するだろう。

それがエリクセンになる可能性もあるが、一方でフランス王者はユベントスのパウロ・ディバラを注視しているとも言われている。

トッテナムはエリクセンの放出を7000万ポンド以上の移籍金で受け入れると予想されているが、契約期間はあと1年しか残っていない。