/ダニエル・レヴィ会長は次期監督にギャレス・ベイルの来シーズンのローン契約の選択肢を提案 [Daily Mail]

ダニエル・レヴィ会長は次期監督にギャレス・ベイルの来シーズンのローン契約の選択肢を提案 [Daily Mail]

トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、クラブの次期監督にギャレス・ベイルと2021-22シーズンに再度ローンで補強するという選択肢を提示するだろう。

ベイルは来月、スパーズでの現在のローン契約が満了し、レアル・マドリードに戻ることになっているが、シーズンが変わった来シーズンも2度目のローン契約を結ぶことがクラブにとって有益であるとの見方が強まっている。

また、このウェールズ人のローン移籍にかかる費用を考えると、経済的にもメリットがあるのではないかと考えられる。

昨年夏にベイルのノースロンドンのクラブへの復帰を決定した際、スパーズは2シーズン目にローン契約を結ぶ際の優先移籍先としての権利を確保しており、事実上、同じ条件で来シーズンもローン契約を延長できることになる。レアル・マドリードとスパーズのローン契約で、スパーズは週給24万ポンドを支払っている。

しかし、スパーズは単純にこのローン契約の延長オプションを有効にすることはできず、そのためにはまずベイル自身の同意が必要であると理解されている。

日曜日のシェフィールド・ユナイテッド戦でハットトリックを達成したベイルは、シーズン通算14ゴールとなり、ハリー・ケイン、ソン・フンミンに次ぐクラブ3位のゴール・スコアラーとなった。

When they replace caretaker Ryan Mason, Daniel Levy is set to offer the option of keeping Bale