/マウリシオ・ポチェッティーノ:ヤンは自力でポジションを取り戻す必要がある

マウリシオ・ポチェッティーノ:ヤンは自力でポジションを取り戻す必要がある

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、土曜日にアストンビラを3-1で破った試合の後、ヤン・フェルトンゲンがトッテナムのチームでポジションを取り戻すためには「ハードワークが必要だ」と語った。

32歳のベルギー人のセンタバックーハーフは、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでのポチェッティーノの招集メンバーから外れ、サプライズを招いた。

契約の最終年に入ったフェルトンゲンも、またポチェッティーノも、今回の欠場の理由が「負傷」ではないことを明かしている。

ポチェッティーノ監督は、フェルトンゲンが18人の招集メンバーから脱落したことについてスカイスポーツに次のように語っている。

「プレーするに値する選手を私は起用したいし、私がプレーするに値すると考える選手でプレーが好調な選手だ」

「今日はトビー(アルデルヴァイレルト)が私の決断だ。今日、出番がなかった選手たちは、プレーの機会を得るためにハードワークをしなければならないよ」

「すべての選手がフィットした状態になれば、先発の11人を選ぶのは大変だよ」

「私たちには25人以上の選手がいるが、あらゆるポジションに優秀な選手がたくさんいることを理解する必要がある。それでピッチに立てるのは11人だけなんだ」

「常に監督とコーチングスタッフの判断だよ。ここに来て5年が経ったが、プレーするに値する選手たちを私は起用するつもりだよ」

「(フェルトンゲンとの間に)問題は無いが、今日の私の決断はチームに良いバランスを提もたらすために、トビーとダビンソン(サンチェス)をプレーすることだった」