/トッテナムはチャンピオンズリーグ・ファイナルまで移籍マーケットでの動きを自粛

トッテナムはチャンピオンズリーグ・ファイナルまで移籍マーケットでの動きを自粛

 

スパーズの4000万ポンドと言われるトリッピアの移籍金の設定額と選手本人が長期契約を望んでいることが、他のプレミアリーグのクラブの関心を妨げているが、ナポリはその設定額を引き下げることができれば28歳の右サイドバックの獲得に関心を強めるだろう。

一方、2度のチャンピオンズリーグ制覇を果たしたジョゼ・モウリーニョは、ポチェッティーノとクロップのうちいずれか一方はファイナルが終わってもタイトル獲得経験が無いままであることを皮肉った。

レキップ紙のインタビューで、かつてのマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーの指揮官は、両監督を称賛しつつもポチェッティーノに対する「補強せずとも勝っている」との評価に次のようにコメントしている。

「何に勝ったんだ。何のタイトルだ?私はマウリシオとユルゲンの功績を尊敬しているよ。2人とも偉大なことを成し遂げるに値しるし、チャンピオンズリーグのタイトルほど素晴らしいことはないからね。しかし、彼らのうちの一人は負けるんだよ」