/アンヘル・ディマリアとデレ・アリの移籍報道の真相 [football london]

アンヘル・ディマリアとデレ・アリの移籍報道の真相 [football london]

木曜の夜、トッテナムにとってロベルト・フィルミノの90分のゴールで敗戦が決まった12月のアンフィールドへのリベンジのチャンスが訪れる。

このところのリバプールはスランプ状態にあり、プレミアリーグでは1ヶ月以上も勝利から見放され、最後の勝利は12月19日に7-0で勝利したクリスタルパレス戦となる。

また先日のバーンリー戦で、ユルゲン・クロップのリバプールはアンフィールドでの長い不敗記録が途絶え、週末にはライバルであるマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、FAカップから姿を消すことになった。

傷ついた野獣のような状態にあるレッズがトッテナム・ホットスパー・スタジアムに乗り込み、スパーズが優位に立てるか、はたまたリバプールがこの試合を機に立て直せるかが注目されている。

スパーズは首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が8だが、スパーズの消化試合は1つ少なく、その差を詰めたいところで、リバプールとの勝ち点差は1となっている。

リバプールは、フィルジル・ファンダイク、ディエゴ・ジョタ、ジョー・ゴメスが負傷しており、ジョーダン・ヘンダーソンとナビ・ケイタがスパーズ戦に復帰するかどうかは不明だ。

モウリーニョがレッズに対してどのように試合の準備をするかで、トッテナムの意図がすぐに分かるだろう。彼らはリバプールのゴールをこじ開けるための十分な火力を持っており、現在プレミアリーグで絶頂に達している選手の一人であるエンドンベレもいる。

しかし、弱体化しているとはいえリバプールの前線の3人の攻撃の脅威を十分であり、モウリーニョはチーム選考においてバランスを整えなければならないだろう。