/トッテナムとローマがトビー・アルデルヴァイレルトの交渉を開始 [SkySports]

トッテナムとローマがトビー・アルデルヴァイレルトの交渉を開始 [SkySports]

ベルギー代表ディフェンダーのトビー・アルデルヴァイレルトは、この夏の移籍マーケットの最後の14日間に、2500万ポンドの移籍金で移籍することができる。

 

スカイスポーツによると、トッテナムのダニエル・レビィ会長がトビー・アルデルヴァイレルトの移籍交渉するため、ロンドンでローマの役員であるフランコ・バルディーニと会談の予定が組まれているようだ。

かつてスパーズのスポーツ・ディレクターを務めていたバルディーニは、金曜日に会談の席でレビィ会長にバイアウト条項で決められた2500万ポンドの移籍金を引き下げることを目論んでいる。

2500万ポンドというのは、8月8日の移籍マーケットの期限の前の2週間であれば、アルデルヴァイレルトを獲得できるという契約条項で決められた額。

スカイ・イタリアもまた、アルデルヴァイレルトの代理人が木曜日にローマとのミーティングで、アルデルヴァイレルトが高額の給与を要求したと報じている。

アルデルヴァイレルトはスパーズとの契約が残り1年となっており、もし彼がノースロンドンに残れば、来年1月には国外のクラブと来年夏に加入する契約に自由に結ぶことができる。

しかし、トッテナムのチームメイトは、7月21日にシンガポールでユベントス戦から始まるプレシーズンのアジア・ツアーに合流することを望んでいる。

Kostas Manolas has joined Napoli for £32.3m
 

ローマは、コスタス・マノラスをナポリに3230万ポンド(3600万ユーロ)で、イバン・マルカノをポルトに450万ポンド(500万ユーロ)で放出しており、アルデルヴァイレルトの獲得を模索しているが、アタランタのジャンルカ・マンチーニと1800万ポンドで獲得する可能性も探っている。

 

Tottenham Hotspur