/トッテナムのAmazonドキュメンタリーは残酷なマウリシオ・ポチェッティーノ解任から始まる

トッテナムのAmazonドキュメンタリーは残酷なマウリシオ・ポチェッティーノ解任から始まる

2019年にブラジル代表がコパ・アメリカのタイトルを目指した道もAmazonの「All or Nothing」シリーズで撮影されたが、他の競技では、ニュージーランド代表のラグビー・チームや、多くのアメリカン・フットボールのチームが撮影されてきた。

スパーズは、このAmazonドキュメンタリーで1000万ポンド(およそ13億円)の報酬を得ていると伝えられているが、このドキュメンタリーでファンがチームの舞台裏を覗き見ることができる最初の試合は10月にホームでリバプールにスパーズが2-1で敗れた試合になる。

しかし、新型コロナウイルスの大流行によってドキュメンタリーがどのように影響を受けるかは不明であり、スパーズの次の2つのリーグ戦(ホームのマンチェスター・ユナイテッド戦とホームのウェストハム戦)は、他のイングランドのプロ・フットボールと同様に4月まで延期が決まっている。

その結果、スパーズの次の試合は4月4日のシェフィールド・ユナイテッド戦となる。