/ファイナルに向けてスパーズ・アカデミーの選手たちが休日返上でバックアップ

ファイナルに向けてスパーズ・アカデミーの選手たちが休日返上でバックアップ

スパーズ・アカデミーの多くの若手選手たちは、トップチームのチャンピオンズリーグ・ファイナルに向けた調整のためシーズン終了を少し延期している。

 

マウリシオ・ポチェッティーノは、ジムで過ごす日までもを設計した緻密なトレーニングプランを選手たちに課している。

チームの練習にアカデミーの選手が含まれている理由は、室内トレーニングに取り組む選手や怪我離脱が原因でポチェッティーノの戦力が足りていないからではない。

スパーズは、リバプールとのファイナルの4日前となる水曜日にマドリードへと向かう。

ハリー・ケインはファイナルに向け調整を行っているが、足首靭帯損傷のリハビリでは重要な時期である。スパーズとしてはケインが完全にトレーニングに復帰することを望んでいる。ポチェッティーノはフル・トレーニングの結果を見てケインを決勝へ連れて行くかの最終決定をするだろう。

 

話は変わって、スパーズは転売サイトでチャンピオンズリーグ・ファイナルのチケットを転売しようとした3人のファンに対して、”無期限”の入場禁止処分を言い渡した。

アトレティコ・マドリーの64,000人収容のワンダ・メトロポリターノ・スタジアムでは、スパーズ(のサポーター向け)に16,613枚のチケットが割り当てられている。

3人のシーズン・チケット保有者はチケットを転売サイトに出品したが、最終的には見つかる結果となった。スパーズは、ファイナルのチケットを手にしたサポーターに向けて「クラブ史上最大の機会を台無しにしないよう」に強く求めた。