/ジョゼ・モウリーニョが語ったトビー・アルデルヴァイレルト欠場の理由にクラブ内が混乱

ジョゼ・モウリーニョが語ったトビー・アルデルヴァイレルト欠場の理由にクラブ内が混乱

ジョゼ・モウリーニョは、トッテナムが2-2で引き分けたニューカッスル戦の後にトビー・アルデルヴァイレルトを起用しなかった理由について説明した内容が、クラブ内の混乱を招いている。クラブの関係者は、アルデルヴァイレルトが代表ウィークから遅れて戻ってきたというモウリーニョの発言に異議を唱えている。

モウリーニョは、アルデルヴァイレルトとセルジュ・オーリエがセント・ジェームズ・パークへの遠征に参加しなかったのは、今週の代表ウィークの後、試合の前日になってようやくクラブでのトレーニングに合流したからだと述べていた。

「ああ、彼らのフィットネスは整っていた。だが、彼らは昨日、トレーニングに参加したばかりだったんだ」

「自国の代表チームに行っていたので、コロナの検査が行われた木曜日のトレーニングに間に合わず、金曜日にも間に合わず、昨日になってようやく合流したんだ」

しかし、事情を知るクラブ関係者によれば、アルデルヴァイレルトは火曜日にベラルーシのルーヴェンで行われたベルギー代表のベラルーシ戦に出場した後、水曜日の午前中にロンドンに戻り、午後にはホットスパー・ウェイに到着していたようだ。

そして、アルデルヴァイレルトは水曜日にコロナの検査を受け、個別にトレーニングを行った後、木曜日、金曜日、土曜日のトレーニング・セッションではチームに合流したとされている。

オーリエと同じくニューカッスル戦の遠征メンバーに選ばれなかったステーフェン・ベルフワインの2人は、代表戦から戻ってくるのが遅かったため、試合への準備に費やしたトレーニングに十分に参加ができなかったのではないかと考えられているが、モウリーニョのアルデルヴァイレルトに関する発言は、関係者を困惑させている。