/トビー・アルデルヴァイレルトが隔離されている人たちにタブレット端末を寄付

トビー・アルデルヴァイレルトが隔離されている人たちにタブレット端末を寄付

トッテナムのディフェンダー、トビー・アルデルヴァイレルトは、「少しでも楽しんでもらえるように」と、新型コロナウイルス感染症と戦う人たちのために病院や介護施設にタブレット端末を寄付している。

これまでにベルギー代表ディフェンダーは隔離されている人のために数十個のタブレット端末を寄付している。

アルデルヴァイレルトはBBC5ライブで次のように語った。

「僕らはこれまでに(タブレットを受け取った)彼らの家族の話を聞いていて、本当の助けになっているとのことだよ」

「僕はそういう声を聞くためにしたわけじゃなくて、ただ助けになりたかっただけだけど、とても良いことだね」

アルデルヴァイレルトは、ウイルスに苦しんでいる人たちを助けようとし、彼の寄付によって状況が少しでも改善されることを期待している。

「イギリスではヨーロッパから少し遅れてコロナウイルスが流行していて、僕はヨーロッパのニュースを見聞きしていたから、心の中がコロナウイルスのことでいっぱいだったんだ」

「僕は父親に電話して、僕らが何かをしなければならないし、僕らが助けにならないといけないと言っていたんだ」

「そこで僕らは知恵を絞り合って、父親はいくつかの病院に連絡を取り、隔離されている人や特にスマートフォンを持っていない高齢者のためにタブレット端末が必要だと知らされた。それで愛する人との顔を見ながら話すことができるし、それがなければできないことだからね」

「僕はとても嬉しく思ってるよ。すべての人たちを助けることができないのは少し悲しいけど、僕はできる限りのことをしようと思っている。彼らの人生に少しでも喜びをもたらすことができれば、素晴らしいことだからね」