/ティモシー・カスターニュ:アーセナルはアンリの時代はファンだったけど今はそうでもない

ティモシー・カスターニュ:アーセナルはアンリの時代はファンだったけど今はそうでもない

アタランタの右サイドバックを務めるティモシー・カスターニュは、この夏のトッテナム・ホットスパーへの移籍の扉を開いており、もしもスパーズとアーセナルの両クラブが獲得に動いた場合、スパーズを選ぶことを示唆している。

このディフェンダーは、パリ・サンジェルマンやセビージャを含むいくつかのクラブが関心を寄せるなかで、この移籍マーケットでの獲得にスパーズもまた興味を持っていると報じられている。

アタランタは、この夏に彼を放出する場合に約2000万ポンドの移籍金を望んでいると言われている。

この移籍マーケットで右サイドバックの補強を狙っているトッテナムは、これまでそのポジションの戦力不足に悩んでいた。

夏の初めにプレミアリーグへの移籍マーケットがスタートした後、このベルギー代表ディフェンダーは、トッテナムへの移籍の可能性について自らの口でより実現性を高めており、ついでにノースロンドンのライバルであるアーセナルに三行半を下している。

ティモシー・カスターニュはベルギーのフランス語の日刊紙『La Derniere Heure』のインタビューで次のように語っている。

「僕は移籍する時が来たと思っているが、ここ(アタランタ)に残ることになっても失望はしないよ」