/トッテナム・ホットスパーFCの取締役会からの回答 [Supporters’ Trust]

トッテナム・ホットスパーFCの取締役会からの回答 [Supporters’ Trust]

先日、トッテナム・ホットスパーFC(THFC)の取締役会に会合の開催を要請し、その後、トッテナム・ホットスパー・サポーターズトラスト(THST)のメンバーが質問した内容を公開したところ、本日、クラブから以下のような回答がありました。

THFC取締役会よりTHST理事会へ

私たちは、10月13日に公開されたサポーターズトラストの質問を拝読しました。

ファンの皆様には、先日、ファビオ(パラティチ)からフットボール面での話をお聞きになったことと思います。彼の2回目のインターナショナル・ブレーク中の近況報告では、チーム再建に向けた戦略、クラブに迎え入れた新しい若い選手たち、そして、短期主義ではなく、団結、家族のような雰囲気、ポジティブさの必要性について話しました。また、新シーズンに向けて、ダニエル(レヴィ)は、パンデミックがクラブの財政に与える影響や、どのようなイベントであれ、すべての収益がチームに再投資されることを強調するなど、クラブへの野心をファンに向けて語りました。今後、決算発表の際には、さらにファンの皆様とのコミュニケーションを深めていきたいと思います。

ありがたいことに、私たちはパンデミックから脱却し、クラブは財政的に安定し、持続可能になりました。驚くべきことに、今年は新しいスタジアムでファンの皆様と一緒に過ごす最初のフル・シーズンとなります。私たちは、ピッチの内外でこのクラブを再建するための旅路とその中断があったことを認識する必要があります。先にも述べたように、クラブの取締役会は常にクラブとサポーターのために野心を持っています。

また、皆様(THST)やProud Lilywhites(LGBTQ+のスパーズ・サポーター団体)、Spursability(障がい者のスパーズ・サポーター団体)が証明してくれているように、ファン・グループやサポーターズクラブとのコミュニケーションを大切にしてきました。現在、私たち全員が大切にしている関係が緊張していることを認識しており、この厳しい時期から抜け出して、よりうまく協力していけるようにしたいと考えています。

そのためには、クラブの様々な分野でコミュニケーションをとり、密接に協力していく必要があります。チケットやケータリング、安全対策については私たちと話し合い、毎月開催されるビジネス&コミュニティ・リエゾン・グループのミーティングにも参加し、試合に関する安全諮問グループ(SAG)のミーティングではお互いに席を並べています。

また、フットボールのガバナンスに関するファン主導のレビューの提言が発表された後も、クラブとそのサポーターのために最善の結果が得られるよう、引き続き協力していきます。透明性を確保するために、この文書を自由に公開してください。

THFC取締役会

来週、クラブの取締役会のメンバーと話をする予定ですが、このメッセージの内容をさらに発展させたいと考えています。

THST理事会
2021年10月15日