/シティ戦でマウリシオ・ポチェッティーノが起用しうる4人の切り札

シティ戦でマウリシオ・ポチェッティーノが起用しうる4人の切り札

② ヤン・フェルトンゲン

先週土曜、アストンビラ戦でのスターティング・イレブンを目にしたスパーズ・ファンは、その試合のキックオフを前に挙って驚いたことだろう。

このベルギー人ディフェンダーはその試合の18人の招集メンバーから外れ、代わりにベンチ入りしたのは負傷によりプレシーズンの5試合全てを欠場したエリック・ダイアーだった。

今週末のエティハド・スタジアムでの一戦では、32歳の彼が招集メンバー入りしているかどうか、スパーズのチーム・シートに注目が集まることだろう。

ポチェッティーノはシティ相手にベストなメンバーを揃える必要があり、ダヴィンソン・サンチェスに代わりフェルトンゲンがスタメン入りする姿を見ることになるかもしれない。

彼にとって今シーズン最初の出番がいつになるのか、時が経てばわかることだろう。

③セルジュ・オーリエ

アフリカ・ネーションズカップでコートジボワール代表として戦ったオーリエは、その代表戦の最中に手を負傷した。そのため、先週土曜の試合では、ベンチから仲間の勇姿を眺めなければならなかった。

代わりにアストンビラ戦で先発出場したカイル・ウォーカー・ピータースは、観衆の目を釘づけにする素晴らしいパフォーマンスを披露し、今シーズンのレギュラー定着に相応しいプレーを存分に発揮した。

キーラン・トリッピア放出を機にライトバックのポジション争いは、誰もがレギュラー奪取のチャンスがあり、ファン・フォイス、ウォーカー・ピータース、そしてオーリエと、今シーズンは熾烈なポジション争いが繰り広げられることになるだろう。

前節、そのU21イングランド代表は90分間これといったミスをしなかった。しかし、来たるエティハド・スタジアムでの一戦では、僅かに経験値で勝るオーリエを出場させ、チームに変化をもたらす可能性もある。