/トビー・アルデルヴァイレルト:バルセロナ攻撃陣はディフェンダーにとっての最難関

トビー・アルデルヴァイレルト:バルセロナ攻撃陣はディフェンダーにとっての最難関

今週のチャンピオンズリーグでのバルセロナとの一戦は、トビー・アルデルヴァイレルトにとってフットボールにおけるディフェンスの最大の試練になる。

 

土曜日にハダーズフィールド・タウンと対戦したスパーズは、敵地でクロスやロングフィード、ロングスローの集中砲火を浴び、エリア内で空中戦による守備を強いられていたが、スパーズは2-0のクリーンシートでプレミアリーグのアウェイゲームを勝利した。

次なる試合は、水曜の夜にラ・リーガ王者をウェンブリーに迎え撃つ。メッシ、スアレス、コウチーニョ、デンベレといった豪華攻撃陣が織りなす「チキ・タカ」と称される華麗なるパスワークがスパーズの守備陣に襲いかかってくる。

まず、ハダーズフィールドでの一戦をトビー・アルデルヴァイレルトは振り返る。

「ハダーズフィールド戦は真の試練だったね。スローイン、コーナー、フリーキック。すべてのセットプレーがエリア内に飛んできた。僕らは本当によく守ったと思うよ」

「ゲームのなかにゲームがあるような感じさ。すべてのボールに対して深く引いて守り、受けて立つ。試練さ。メンタルの試練であり、技量と精神力と集中力で競り合いに勝つんだ」