/トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

ポチェッティーノは後にエンドンベレがスパーズではその潜在能力の30パーセントでしかプレーしていないと言い、スパーズでのための最高のパフォーマンスを見せた5-0の勝利を飾ったレッドスター・ベオグラード戦でのクリエイティブさに溢れたパフォーマンスの後でさえも、ベストな状態を見るのにどれだけの時間がかかるかを次のように語っていた。

「これでも、彼が十分に上手くプレーしているのか、まだまだなのかを評価はできないんだ。私にとっては、彼の今回のチームへの貢献は素晴らしいし、他の選手たちと同様に彼にもとても満足しているよ」

「それでも私にとっては、タンギ・エンドンベレやジオバニ・ロチェルソ、ライアン・セセニョンのような選手を獲得する場合、金額にかかわらず、最低でも1年半、もしくは2年は必要だと思ってるんだよ」

「ソンやシソコの時のことを思い出してもらいたい。彼らが本領を発揮してきたのは2年か3年くらい経ってからだ。だからこそ、まだ若い選手に高い移籍金を払ったからと言って、すぐに三行半を下しちゃダメなんだよ。今の移籍マーケットがあれなんだけどな」

「彼はリヨンで2年間プレーし、すべてが目新しいであろうイングランドに移籍してきたが、そのクオリティは間違いないんだ。本当のクオリティを発揮するには時間が必要なんだよ」