/トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

マウリシオ・ポチェッティーノは最初のミーティングで、エンドンベレが自身を信じてくれたなら、このフランス人をより良い選手にできると話していた。

エンドンベレは7月に、ポシェティーノのプレシーズンがこれまでに経験したことのないほど厳しいものだと明かした。

「とてもハードだね。フランスの頃とはまったく別物だよ。イングランドはとてもハードワークを知られるんだね。特にトッテナムはね。それが後から自分たちに返ってくるんだ。シーズンを終えた時にみんなで何かを成し遂げたいね」

スパーズは、エンドンベレが英語の理解力を改善する必要があると認識していた。前述のインタビューでも、大半はムサ・シソコが通訳を務めており、プレミアリーグでの生活への適応には少し時間がかかる可能性があったのだ。

このエンドンベレのインタビューの翌月にポシェティーノは次のように語っていた。

「彼にとっては厳しいだろうね。あまり過度な期待はしちゃダメだよ。新しい文化、新しい国、新しい習慣に適応するためには、まず彼には時間が必要だってことを肝に銘じないとね」

「彼には時間を与える必要があるが、ここまでの彼の適応ぶりには満足しているよ。本人は成長や学ぶことに前向きだが、最高の状態を発揮できるようになるには時間が必要だよ」