/トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

モウリーニョは試合後、わずか数日前にトレーニングでの彼の適応力を称賛していた同選手との間には、何の不和もなかったと語った。

「フランス発の報道に真実はあるのか?」との質問にモウリーニョは次のように答えている。

「ノーだ。ベンチにはタンギ、セセニョン、トビー、フェルトンゲン、ジェドソンがいて、彼らはプレーしなかった。それがフットボールだよ。私にとっては、何でもないことだ」

「ベンチにはラメラとベルフワインという攻撃的な選手がいた。2人の素晴らしい選手が入り、さらにウィンクスを投入して、より安定感を持たせることができた。5人の交代枠について、5人すべて使わなければならないと思っている人もいるかもしれない。そうする必要はないんだ。あくまで、使ってもよいだけなんだよ」

「彼だけじゃないよ。私はチームのためにベストを尽くそうとしているんだ。12人や13人の選手で試合を始めるわけにはいかないし、そのなかでチームのためにベストを尽くそうとしているんだよ」

「私は自分にできるベストな仕事をしているんだ。この2試合において、私は彼が必要ないと思ったんだよ」

バルセロナやバイエルン・ミュンヘンが獲得に関心を示しているとされるなかで、スパーズとモウリーニョはまだエンドンベレの長期的な将来に大きな期待を寄せており、わずか12ヶ月後にクラブ記録となった高額移籍金での補強選手を諦めるつもりは今のところないとみられている。