/トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

トッテナムがタンギ・エンドンベレに抱く長期的な貢献への期待

トッテナム・ホットスパーは現在、今夏にタンギ・エンドンベレを売却するつもりはなく、彼がクラブに与える長期的なポジティブな貢献を信じている。

この23歳の未来は、スパーズのボスであるジョゼ・モウリーニョと衝突があったとの報道の後、今週になってまたしても詮索の対象となっている。

この数ヶ月間、このお馴染みの話題が浮かんでは消えており、クラブ内では不満を募らせている。フランスから発信された報道のあと、エンドンベレが先発メンバーから外れ、スパーズでの未来について疑問符を灯すとともに、他クラブからの獲得オファーの話題も添えられるのがお決まりのパターンだ。

火曜日の夜、そのパターンが一巡りする時間がいっきに短縮され、スパーズがウェストハムに2-0で勝利した直後にエンドンベレとモウリーニョとの関係についての疑惑話がフランスのメディアから浮上し、フランス人ミッドフィルダーが試合前にヘッドコーチに対して「もうモウリーニョのもとでプレーしたくない」と伝えたと報じられた。

この若いフランス代表は、その試合で招集メンバー入りを果たしたが、試合中にウォーミングアップには一切取り組まず、そしてこの連戦でのプレー機会を与えられることはなかった。