/バルサやインテルの関心もトッテナムはタンギ・エンドンベレを留める決意

バルサやインテルの関心もトッテナムはタンギ・エンドンベレを留める決意

ロックダウン前には、モウリーニョのエンドンベレに対する忍耐が薄れていたが、今月初め、ポルトガル人はエンドンベレがまだスパーズで成功する可能性があると主張し、その苦しいデビュー・シーズンをレアル・マドリードでのルカ・モドリックの1年目に例えていた。

「才能を持たずに生まれれば、才能を持たないまま死んでいく。才能に恵まれていれば多くの変化が起こるものだし、いろんな経験をするものだ」

「才能がなければチャンスはない。才能があればチャンスがある。フットボールには、困難なスタートを切ったが時間が経てば活躍できる選手がたくさんいる」

以前、モウリーニョはエンドンベレが「いつも怪我をしている」と非難し、3月にバーンリーと1-1の引分けた試合のハーフタイムには先発したエンドンベレに交代を命じ、試合後に「これがプレミアリーグであることを認識しなければならない」と苦言を呈していた。

来シーズンの開幕から3週間後に終了するこの夏の移籍マーケットが進んでいけば、フランス代表ミッドフィルダーのノースロンドンにおける立ち位置が変わる可能性はある。

https://static.standard.co.uk/s3fs-public/thumbnails/image/2020/07/28/11/hojbjerg2807.jpg?width=700&height=430&fit=bounds&format=pjpg&auto=webp&quality=70&crop=16:9,offset-y0.5

スパーズへの移籍の意思を示しているサウサンプトンのピエール・エミール・ホイビュルクなど、スパーズは今夏に少なくとも1人のミッドフィルダーと契約することになるだろう。