/来シーズン、タンギ・エンドンベレを起用する5つの方法

来シーズン、タンギ・エンドンベレを起用する5つの方法

トッテナム・ホットスパーはリヨンのMFタンギ・エンドンベレをノースロンドンに連れてくるために全力を尽くしているが、彼はチームのどのポジションに適しているのだろうか?

この22歳はオールラウンドな能力を備えたヨーロッパで最もエキサイティングで有望な若手MFの1人だが、その若さにもかかわらずA代表とチャンピオンズリーグの経験がある。

彼は今週スパーズについて以下のように語った。
「トッテナムは本当に素晴らしいチームでビッグクラブだ。彼らはプレミアリーグで4位で、チャンピオンズリーグではファイナリストだからね。彼らは他のクラブと同様にビッグクラブだ。ビッグクラブでのプレーに興味ない選手なんているのかい?」

リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長はエンドンベレに対して期待しているようなオファーはまだないと火曜日に語った。交渉の余地はまだ大きくあるが、フットボール・ロンドンはトッテナムの全関係者がそのセントラルMFを獲得する自信が高まっていると理解している。

もし彼がスパーズと契約すれば、スパーズはエンドンベレに関して5通りのスタメンを組むことができる。

 

「3人のMF」

ハリー・ウィンクスとムサ・シソコとともにエンドンベレを並べると、スパーズは非常にダイナミックな中盤を持つことができるだろう。

3人全員がボールを前へ運ぶ能力を持っており、さらにウィンクスとエンドンベレはパスを選択することもできる。

この強力な3センターの1つの欠点は、4バックを前提にすると最前線のケインをサポートするのに残り2人しか入れられないことだ。

 

「エネルギッシュと司令塔」

もう1つのシナリオはエンドンベレとウィンクスが中盤でパートナーを組むことだ。フランス人はパスの能力に関して全く問題ないが、その場合ウィンクスはより深い位置での司令塔、クォーターバックの役割を果たすことになるだろう。

このフォーメーションはエンドンベレがピッチを上下動し、より高い位置で彼のパスとドリブルの能力を使うことを可能にするが、それと同時に彼の帰陣と守備の能力がより重要視されることになる。また彼の前にポチェッティーノが3人の攻撃的MFを起用することもできる。

 

Tottenham Hotspur