/タンギ・エンドンベレ:マウリシオ・ポチェッティーノに口説き落とされた

タンギ・エンドンベレ:マウリシオ・ポチェッティーノに口説き落とされた

ポチェッティーノによって口説き落とされたのか?

「説明するのは難しいけど、人の心を動かし、人の印象に残る方法を監督は知っているんだ。監督は僕目を見て言ったのさ。『私のもとに来れば、君は必ず成長するよ』ってね」

「契約書にサインしたくなったのは、そういうちょっとしたことなんだ。監督が本当に心から私を望んでいたこと、監督が本当に僕のことを好んでくれたことが僕には分かったのさ」

友人であるキリアン・エムバペとPSGで共にプレーすることを楽しみにしていたか、との質問にエンドンベレは次のように答えた。

「僕が育った街では、PSGは素晴らしいクラブだよ」

「今、僕は失望してないよ。いや。フットボールッカーはおいといて、一人の人間として僕はロンドンに行った方がいいんだ。新しい国、新しいフットボール文化を発見できるはずさ。僕は繭(まゆ)から飛び出し飛躍するんだ(※)」

※リヨンは「養蚕業」(絹製品の生産)で栄えた街であるため、それにかけてのコメントと思料