/タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

その『頑固』なエンドンベレは、最初のシーズンに何かミスを犯したと感じていたのだろうか?

「自分がミスをしたとは思わないし、何かミスがあったわけじゃないよ。シーズン中に起こったことについては、誰もが自分自身で責任を取らなければならないと思うよ。クラブで起こった出来事には、外部のみんなも知っていることと、外部のみんなは知らないことがあるね」

「そういうのはいつものことで、今はそんなことを話している場合ではないんだけどね。外部のみんなが何が起こったかを知らなければ、それは起こった出来事を知ってもらうべきじゃないからだよ」

「今、振り返ってみれば、自分の貢献のどこに課題があって、もっと取り組んでおくべきだったのかはわかるけど、現状がチームにとっても、クラブにとっても、みんなにとってすべてが正しい方向に進んでいることは素晴らしいことだと思うし、本当に満足しているんだ」

エンドンベレの友人であるポール・ポグバは、マンチェスター・ユナイテッドでモウリーニョと衝突したつらい経験をしている。エンドンベレは、そのフランス代表のチームメイトと、当時のつらい経験について話したことを認めている。

「僕らはそのことについて話したんだけどほんのちょっとだよ。僕らの状況はまったく違っていたから、彼が何か僕にアドバイスをしてくれたわけではないんだ」

「彼がモウリーニョと一緒にやっていたのは事実だけど、僕自身の経験とは同じじゃないし、それぞれの関係にはそれぞれの特徴があるからね」

エンドンベレにとっては、クラブ内の人々からの信頼が、当時、彼が直面していた問題よりも最終的には勝っていたのだ。そして、彼は徐々に馴染んでいき、チーム戦力の中でも定評を得ていくことになる。