/タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

最初のロックダウンの最中、リーグ再開に向けたトレーニング中に、スパーズの監督がエンドンベレの自宅のドアに現れたという出来事があった。

その日、自宅の玄関ドアの外でモウリーニョがインターホンを鳴らし、「走りに行くぞ!」と呼びかけてきた時、エンドメレはどれほどショックを受けただろうか?

「正直言っていい?Dixさ!」

彼はフランス語で「10」を意味する言葉を発した。

「なぜ走らなければならないのかと聞いたら、監督はただ『走るんだよ!』と言ってた。だから何でもないんだよ。その後、監督は僕を励ましてくれて、『よく走ったな』と言ってくれたんだ」

その出来事から、確かにモウリーニョが少なくとも彼を見捨てていなかったことはわかる。しかし、2人の関係を築いていく上で重要な出来事だったかと問われると、エンドンベレは当時そうは感じなかったようだ。

「最も重要な出来事かって?そうは思わないよ。僕にとって最もつらい時期の真っ只中だったんだよ」

というのも、その後もエンドンベレはまだまだモウリーニョから評価を得るのに苦労し続けていた。リーグ再開後もほとんど試合に出場しておらず、後半にベンチからの出場機会を得たのがたった2回だったのだ。彼の将来についての憶測がメディアに流れ、そこではモウリーニョとの関係の悪化によってエンドンベレが彼はそのすべてから逃れたいと思っていることが報じられていた。