/タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

タンギ・エンドンベレ:自宅ドアの前に現れたモウリーニョ、レヴィ会長の信頼を振り返る

新しいクラブ、新しい国、新しい言語、生活スタイルに適応し、フットボール界で最も過酷な試練の一つであるジョゼ・モウリーニョを満足させる方法など、この1年半の間にエンドンベレは多くのことを学んできた。

その結果、今シーズンからモウリーニョのもとで、より深く大きな負荷のかかる役割を担うようになり、6ゴールと3アシストを記録して賞賛を受けている。

また、シェフィールド・ユナイテッド戦では、ノールックで巧みなロブでゴールを決め、ゴール・オブ・ザ・シーズンの候補としての呼び声も高くなっている。

「本能さ。一瞬のね。ボールが来たから(キーパーの)ポジショニングを確認する時間もなかったよ」

「ただ浮き玉のシュートを打とうと思っただけで、それが入ってくれただけだよ。事前に計算して放ったものじゃないんだよ」

モウリーニョとの関係はすでに修復されており、良い状態にあるという。

ポルトガル人は定期的にこの若いミッドフィルダーを称賛しており、この選手の命運を好転したのは他の誰でもない選手本人であるとモウリーニョは繰り返している。

笑顔のエンドンベレにとって過去のつらい状況は好転しているが、自身のモチベーションを高めるために「にんじんと棒」(アメとムチ)のいずれが嬉しいか?との質問には、笑いながら次のように答えた。

「La carotte!(にんじん!)」