/キャメロン・カーター・ヴィッカーズ、スウォンジーがローン補強に迫る

キャメロン・カーター・ヴィッカーズ、スウォンジーがローン補強に迫る

2015年にスパーズに加入してからキャメロン・カーター・ヴィッカーズはトッテナムでカップ戦に4試合出場したのみ。スウォンジー・シティがこのアメリカ代表ディフェンダーをローンでの獲得に動く。

 

昨シーズン、シェフィールド・ユナイテッドとイプスウィッチ・タウンへのローンを経験した20歳のセンターバックをいくつかのチャンピオンシップのクラブが狙っていた。

しかし、グラハム・ポッター監督がディフェンスのオプションの充実を狙うスウォンジーが、現在は有力と見られている。

この夏の移籍マーケットで、スワンズはアルフィー・モーソン、フェデリコ・フェルナンデス、カイル・バートリー、ジョルディ・アマトを放出していた。

EFL(イングリッシュ・フットボールリーグ:チャンピオンシップとリーグ・ワンとリーグ・ツー)のクラブは、8月31日までローンの移籍マーケットが開いている。

アメリカ代表で4キャップを誇るカーター・ヴィッカーズは、5月に2021年までの新契約をトッテナムと結んでいる。

新監督にポッターを迎えたスウォンジーは、4節を終えた時点で無敗の6位と好スタートを切っている。

TAGS: