/スーパー・コンピュータが予想したプレミアリーグ最終順位:優勝は?トップ4は?降格は?

スーパー・コンピュータが予想したプレミアリーグ最終順位:優勝は?トップ4は?降格は?

スーパー・コンピュータが予想したプレミアリーグの最終順位:スパーズには朗報。アーセナルとチェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドが争うトップ4の行方は…

 

今シーズン、トッテナムがトップ4に入る確率は75%とスーパー・コンピュータによって算出された。

フットボール・ロンドンのスペシャリスト・データ課が作りあげたスーパー・コンピュータは、このリーグ順位を予想するためだけに生み出された。

残り全試合の結果を、それぞれのチームの強みや弱みなどを測ったイロレーティング(Elo rating)※用いて予想。

プレミアリーグの予想を5000回繰り返し、スパーズはその75%で3位または4位でフィニッシュしている。

スパーズのノースロンドンのライバルであるアーセナルが、それに次ぐ68%の確率で4位以内に入る結果に。マンチェスター・ユナイテッドは31%、チェルシーは26%となっている。

 

※イロレーティングとは、対戦型の競技において、相対評価で実力を表すために使われる指標の一つ。イロレーティングは、数学的裏付けのある最も著名なレーティングシステムであり、対戦型の競技で単に「レーティング」と言えば、イロレーティングのことを指す。

 

優勝の行方は? 

このスーパー・コンピュータで、マンチェスター・シティとリバプールのタイトル争いについて予想すると、シティは55%の確率で優勝し、リバプールが45%となっている。

 

さらに降格する3チームについてこのスーパー・コンピュータで結果を出してみると、フラムとハダーズフィールドのファンにはバッド・ニュースが算出された。

スーパー・コンピュータの結果は、この2チームが100%の確率で降格。それに次ぐのはカーディフ・シティとなった。

ブルーバーズが降格する確率は49%。それに次ぐのはサウサンプトンが23%でバーンリーが19%。さらにクリスタルパレスが5%、ニューカッスルとブライトン&ホーブ・アルビオンがともに2%となった。

Tottenham Hotspur