/スティーフェン・ベルフワインがスパーズ移籍のために600万ポンドを犠牲に

スティーフェン・ベルフワインがスパーズ移籍のために600万ポンドを犠牲に

トッテナムの新戦力であるスティーフェン・ベルフワインは、プレミアリーグでプレーする夢を叶えるためにおよそ600万ポンドを犠牲にした。

オランダ代表ウィンガーは、水曜日に2700万ポンドの移籍金でPSVアイントホーフェンからスパーズに加入した。

ジョゼ・モウリーニョのもとでプレーすることを切望し、夏までオランダに残っていた場合に支払わられたであろう巨額のボーナスを諦めていたことをSunday Mirror Sportは突き止めた。

PSVは、22歳のベルフワインがそのボーナスの受取りを放棄しない限り、スパーズとの移籍交渉はしないと突き付けていた。

PSVアイントホーフェンのスポーツ・ディレクターであるジョン・デヨングは、次のように語っている。

「スティーフェンは、この移籍を可能にするためにボーナスの一部を放棄したんだよ」

ベルフワインの移籍は、PSVのファンからはあまり好意的には受け止められていない。

先週の日曜日、FCトウェンテと対戦するチームのメンバーを外れ、スパーズの首脳陣に会うためにロンドンに向かうことに許可を得ようとしたことで、PSVのサポーターから多くの反感の声が浴びせられた。

この移籍が成立したことで自身もPSVのファンの批判の矛先となっており、自身の将来についても考えているとされるデヨングだが、ベルフワインが一方的にトレーニングを抜け出したという報道は不正確であると主張している。

ただし、一方でベルフワインにトッテナムと交渉する許可が与えられていなかったこと事実のようだ。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)