/スティーフェン・ベルフワイン:周りを見渡すとただただアメージングだ!

スティーフェン・ベルフワイン:周りを見渡すとただただアメージングだ!

スティーフェン・ベルフワインは考える時間を必要としなかった。

PSVからスパーズに加入した後、ファンへのメッセージを求められたオランダ人は、カメラを目を向けて、次のように語っている。

「ここにいられることが僕にとって誇りだよ。プレミアリーグでプレーする夢。クラブとこのチームのためにすべてを出し尽くす覚悟だよ」

22歳のウィンガーは、これまでに強烈なキャリアを築いている。PSVの3度のエールディビジのタイトル獲得し、149試合に出場。オランダのすべての年代で代表に選ばれ、フル代表では9キャップを数える。すでにPSVでチャンピオンズリーグを経験し、昨シーズンにはスパーズと対戦している。

昨シーズンのスパーズの第一印象について尋ねられ、次のように微笑んで答えてくれた。

「まず何よりも(チャンピオンズリーグ準決勝で)アヤックスを倒した試合を観たのがたまらなかったね。これは良いフットボールを志向するビッグクラブだ。そこが僕の気に入っているところさ」

「今回の移籍は僕にとって素晴らしいもので、ここは素晴らしいクラブだ。トレーニング・グラウンドを見渡せば、驚くばかりさ。ここにこられて光栄だよ。監督と話したんだ。僕が若い頃、ジョゼ・モウリーニョのような指導者を尊敬していたけど、これからは彼のためにプレーするんだからね」

スパーズのユニフォームを着たスティーフェン