/スティーフェン・ベルフワイン:泣きそうだった

スティーフェン・ベルフワイン:泣きそうだった

一つの写真が千の言葉を紡ぎ出す…

日曜日のマンチェスター・シティとのデビュー戦でゴールを決めた後、自身のゴールを祝福する写真(上)を見たスティーフェン・ベルフワインの反応はとても価値のあるものだった。

「信じられないほど純粋な感情だったんだ」

「この気持ちは…デビュー戦でマンチェスター・シティからゴールを決めるっていう夢のような出来事だったからね。アンビリーバブルさ」

先週、PSVからスパーズにやってきたベルフワインに向けてキャプテンのウーゴ・ロリスは、生涯忘れ得ぬデビュー戦となったであろうと言葉を添えた。

「なんというゴールで、何というデビュー戦だろうね」

ウーゴがイルカイ・ギュンドアンのPKをセーブした好プレーを含め、前半の猛烈なシティのプレッシャーを凌いだ後にステーションの63分の見事なゴールが決まった。ルーカス・モウラからの巧妙なパスを胸でコントロールした後、その一連の動きでゴールのコーナーにボレーでボールを流し込んでみせた。

「コーナーだったね。ボールはルーカスに届き、彼は僕にボールを渡してくれた。僕の最初のタッチが良かったんだ。それを直接撃たなければならなかった。ボールが(ゴールに)入って、泣きそうになったよ!」

「ボールが僕の足を離れるとすぐに、ボールが入っていく予感がしたんだ。その後、チームメイトたちが僕に飛びついてきた。自分のセレブレーションをゆっくりお披露目してる時間はなかったよ!アメージングだったね」

ボールが僕の足を離れるとすぐに、ボールが入っていく予感がしたんだ。その後、チームメイトたちが僕に飛びついてきた。アメージングだったね。