/バーンリー戦を控えてのチーム・ニュース – ロメロは再び欠場へ [Spursofficial]

バーンリー戦を控えてのチーム・ニュース – ロメロは再び欠場へ [Spursofficial]

アントニオ・コンテは、クリスティアン・ロメロが日曜日のホーム最終戦となるバーンリーとの試合(英国時間正午キックオフ、日本時間20時キックオフ)を欠場することを明らかにした。

この屈強のディフェンダーは、木曜夜に行われたアーセナル戦のメンバーからも外れていた。アントニオは、欠場の理由を「リバプール戦での臀部の打撲だ」と説明した。

アントニオは金曜日の練習の後、SPURS TVの取材に対し、「クティはできるだけ早く試合に出たいという強い意志を持っている」と語った。

「アーセナル戦の前と状況は同じだ。クティはノリッジとの最終戦での復帰を目指しているが、正直なところ、(出場できるかどうか)わからないよ」

「だが、ダビンソン・サンチェスの(アーセナル戦での)パフォーマンスには非常に満足している。我々は彼を信頼し、チームを信頼し、自信と信念を持っている」

アントニオの最新のコメントは、木曜日のSPURS TVでの試合後のインタビューでの説明を強調するものだった。

「クリスティアンはリバプール戦の終盤に臀部を打ってしまったんだ。正直なところ、深刻な問題だとは思っていなかったんだよ。問題は深刻ではないんだが、私は彼がこれから最後の2試合で回復する可能性はないと思っている」

「だが、2ヵ月半ほど前に先発でプレーしたのが最後だったダビンソン・サンチェスが、(アーセナル戦で)大いに働き、よいプレーを見せてくれたので、私もスタッフもとても満足している。サンチェスのような選手、ジョー・ロドンのような選手、つまり信頼できる選手、試合に出られないときでも気を引き締めて一生懸命取り組んでくれる選手がいれば、監督もスタッフもみんなハッピーなんだ」

ロメロは、セルヒオ・レギロン、ジャフェト・タンガンガ、オリヴァー・スキップ、マット・ドハティとともに、日曜日のトッテナム・ホットスパー・スタジアムでの重要な一戦を、ベンチの外から見守ることになる。