/セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

しかし、ガナーズはこの積極的に攻撃を仕掛けるフルバックがファイナル・サードに入ってくることを警戒しなければならない。

2019-20シーズンを通して、オーリエはオープン・プレーから32回のチャンスを作っているが、これはスパーズで最もチャンスメイクをしているソンよりも1回少ないだけだ。

この試合で、オーリエとオーバメヤンが相対する可能性が高いことも問題の一つである。このマッチアップによって、オーリエが前線に駆け上がる回数が減ってしまうのかは興味深いところだ。

もしオーリエがより守備に専念することになる場合、スパーズは他の選手が奮起して、攻撃におけるクリエイティビティを発揮する必要があるだろう。