/セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

パス回しがやや慎重になりすぎており、変化に富んだダイナミックなオフ・ザ・ボールの走り出しができていないため、相手の裏を取る場面がまったく無くなってしまった。

このことによって、スパーズが危険なゴールの決定機となりうるポジションに入る能力に影響を与えており、これまでの試合でわずか5ゴールしか奪えていない理由となっている。

オープン・プレーにおいてスパーズはより速いテンポでプレーしなければならず、中央のミッドフィルダーはパスをより積極的に使う必要がある。

そうすることで、才能あるフォワードの選手のチャンスの質と量を高めることができるだろう。

カギを握るのはオーリエ

AFCボーンマスとの膠着状態のまま0-0で終わった試合では、ゴールをこじ開ける仕事において右サイドバックのセルジュ・オーリエに頼りすぎていた。

このコートジボワール人は多くの有望なポジションに入ったが、オープン・プレーからの10本のクロスのうち1本だけがチームメイトに繋がった。

日曜日のアーセナル戦では、彼のクロスの精度を上げる必要があるだろう。