/セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

新しい3-4-3の陣形にうまく適応しているミケル・アルテタのチームは、巧妙な動きと、素早くボールを移そうとする姿勢を見せている。

プレミアリーグここ5試合では、12人のガナーズの選手が少なくとも1度の枠内シュートを記録している。

ピエール・エメリク・オーバメヤンはこの5試合で11本のシュートを放っているが、これはスパーズのチーム全体を合わせた数字と同じである。

モウリーニョのスパーズでシーズンが再開されてから1本以上の枠内シュートを放ったのはソン・フンミンとハリー・ケインの2人のみだ。

この2人は最近のノースロンドン・ダービーで活躍しており、今回も危険人物となるだろう。

リーグ再開後のスパーズのオープン・プレーからのチャンス数

ここ数週間、スパーズは攻撃のビルドアップの遅さが問題となっている。

リーグ再開以降、オープン・プレーからのチャンスは1試合あたり平均6.2回しか作れていないが、リーグ再開前のスパーズは29試合で平均8.6回のチャンスを作っていた。