/セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

セルジュ・オーリエに頼りすぎな攻撃の創造性を他のMFが改善すべき

トッテナム・ホットスパーは、ノースロンドン・ダービーでの最近のホームでの素晴らしい記録を維持したいのであれば、攻撃力を強化する必要がある。

アーセナルは2007年以来、ローカル・ライバルのホームで2回しか勝っていないが、トッテナム・ホットスパー・スタジアムへの初訪問を前に、このところは自信を持ってパフォーマンスしている。

それとは対照的にジョゼ ・ モウリーニョのチームは元気がないようだ。

前節のAFCボーンマスと無得点の引き分けに終わった試合では、枠内シュートは1本も打てなかった。

ここ5試合の攻撃スタッツ(ゴール数/枠内シュート数/枠内シュートを放った選手数)

ここ5試合のゴール数/シュート数。アーセナルがゴール数で2倍、枠内シュート数で3倍。スパーズは枠内シュートを放ったシュートがわずか5人と、攻撃のヴァリエーションに欠いている。

このダービーに控えて、相手陣内におけるアーセナルのフットボールはスパーズのそれよりもはるかに浸透し、機能していた。