/ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦を控えての記者会見

1月の移籍マーケットに影響があるか?

繰り返すが、私は出場可能な選手と仕事をしていくのみで、移籍マーケットのことは考えていないよ。私の仕事は、選手たちのグループとで今日やったことをして、また明日やろうとすることをするだけだ。

いつも出場している選手たちは常に回復をしているが、その回復度合いは十分ではない。ここ2週間のプレミアリーグでの選手の負傷の発生数を見れば、回復度合いが十分ではないことがわかるだろう。ローテーションの選択肢があればあるほど選手を守るための多くの解決策がある。そkについて私は考えたくないね。

もちろん移籍マーケットは1月末まで開いている。クラブの誰もがチームを最高の状態にしたいと思っているが、同時に今シーズンの終わったら世界が終わるわけではない。

戦績を求めて戦う今シーズンが終わるまでは数ヶ月間が残されているが、シーズンの終わったところで、何も終わるわけではないんだ。シーズンが終わったとしても、それはシーズンの期間が終わったにすぎないんだ。

昨日、私はリバプールの試合を観ていたんだ。現在、世界で最高のチームを観ていたのさ。その後、Googleで確認したんだよ。ユルゲン(クロップ監督)がやってきたのは2015年10月。2016、17、18、19、そして今は20年。8度の移籍マーケットを経て、多くの選手が去り、多くの選手が加入した。だがそれ以上に、彼の哲学やトレーニング方法、流儀を浸透させる時間が与えられたことが重要だよ。

素晴らしい仕事の結果として、美しい結果を、段階ごとに着実に積み上げている。最初のシーズンは6位かそこらでへんで終わり、4年後にはただの世界王者ではなく、現時点で世界で最高のチームになった。地に足がついているし、落ち着いてるよ。

私には経験があり、クラブには多くの経験があり、ミスター・レヴィには多くの経験がある。「落ち着いてる」というのは、次の試合への勝利への意欲が無いというわけではない。次の試合は常に勝ちたいよ。

トッテナムとリバプールのレベルの差はどれほどか?

私はリバプールと比較したくないよ。嫌だね。私の発言の意図はそこではない。ただ「落ち着いている」と言っただけだった。

あるチームは、チームと戦力がサイクルの終焉にあって、他のチームでは一つのサイクルから次のサイクルへの転換期にある。また別のチームは最大限のポテンシャルで新たな時代へと始動している。それぞれに異なるシナリオがあるんだ。我々はここで「落ち着いて」いかないといけないし、そのために必要な経験を持った「落ち着いて」ことが進められる人たちが我々には揃っているんだ。

タンギ・エンドンベレに彼の怪我やチームに与えられるものについて何かを伝えたか?

この時点で、彼は負傷をしているので与えることができないよ彼が与えることができるのは、ノリッチとの試合でのチームへの貢献だ。あれは明らかにとても良いパフォーマンスだった。彼のポテンシャルや彼がチームのためにできること、そして彼の欠場がどれほどチームにとって損失かをあの見事なプレーが示していたよ。あれこそ彼が我々チームに与えられるものだ。負傷をしてしまったので我々は待つしか無いよ。

シーズンの初めから彼は故障が続いている。私がここに来てから6〜7週間後にまた彼は負傷してしまった。

そのため、彼の上達が継続せず、才能は明らかにあるのだが、継続性が無いんだ。選手が他国からやってきプレミアリーグに適応するまで、継続性が必要であり、出場時間が必要であり、プレーする必要がある。残念ながら、彼はそれをすることができないんだ。