/マウリシオ・ポチェッティーノがエリクセンの移籍最終日を土曜日に設定

マウリシオ・ポチェッティーノがエリクセンの移籍最終日を土曜日に設定

「人は信じ合う必要がある」

「彼が出場するかを決定するのは、彼は期待しているプレーができると私たちが信じたからか、彼がプレーする必要があるからだ」

「決定を下すための情報を一番持っているのは私たちだよ」

「週末の日曜日や先週の日曜日に勝つことに最も強く嘱望していたのは監督である私だ。なぜなら記者の皆さんの前で試合について話をしなければいけないのは私だからね」

「最も重要なことは、私たちの決断を信じることだよ。私たちはいつも正しいとは限らず、多くのミスを犯すんだ。私たちは自分のミスを認められる謙虚さがある」

レアル・マドリードか他のクラブが、今日、エリクセンに獲得オファーを提示すれば、トッテナムは大きな決断を迫られるだろう。

ポチェッティーノとアシスタントのヘスス・ペレスは木曜日の夜、ダニエル・レビィ会長や他の役員と夕食を共にしていた。

エリクセンの将来についての議論も、その夕食のメニューにあったに違いない。