/ブライトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

ブライトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

ウーゴ・ロリス –

試合開始のわずか3分後、スパーズのキャプテンはボールがゴールラインを越える前に手前に弾いたが、それをモペイが頭で押し込む結末となった。悲劇はロリスが倒れた時、ぎこちなくその腕に着地したことにあった。重傷を負って、単価で運び出されることになった。

ムサ・シソコ 4

スパーズの最新の右サイドバックはこの役割に奮闘していたが、当然のことながら適応しているようには見えなかった。後半には右ウィングバックに移動したが、攻撃的な仕事での戦果はあまりなかった。彼の持ち味が発揮された試合とは言えなかった。

トビー・アルデルヴァイレルト 4

かつては強固だったフェルトンゲンとのコンビは、今ではスピードが衰え、勢いに陰りが見え始めている。その出だしは遅く、後半にコノリーへの間合いを詰めるも、コノリーはボールを拾って希望に膨らませ、カットインしてシュートをカーブさせてスパーズのゴールに突き刺した。

ヤン・フェルトンゲン 4

前半、左眼の下を切ったのは、頭のぶつかり合いの後だった。コノリーはブライトンの2ゴール目の際に簡単に彼とデイヴィスの間に入り込んできた。

ベン・デイヴィス 3

前半にコネリーのシュートに反応し、ゴールを止めることができなかった。他にも目立った戦果を上げることはなかった。

エリック・ダイアー 3

今シーズン初のプレミアリーグでの先発だったが、そのプレーは錆びついていて、ボールを受けるのにも苦労していた。一部からはチーム復調の答えだと言われていたが、そうではなかった。

タンギ・エンドンベレ 3

試合に影響を与えるために奮闘したが、ハーフタイムに交代した。

クリスチャン・エリクセン 2

おそらくスパーズでの彼の最悪のパフォーマンスだ。彼がしたことにはクオリティがなく、パスはまったく目標とする先に通ることはなく、セットプレーでも一番手前の相手にぶつけるだけだった。

エリク・ラメラ 4

いつものようにファイトする姿勢は多くみられたが、このアルゼンチン人からクオリティの面で評価できるプレーはほとんどなかった。

孫興民 4

チャンスを掴もうと奮闘したが、後半中盤に大きなチャンスを逃したのみ。

ハリー・ケイン 4

彼へのボールの供給がほとんどなかった。周りのお膳立てが無いなかでも、8ヤードの距離からのチャンスはもっとうまくできたはずだ。

途中出場

パウロ・ガッザニーガ 4

たった2〜3分でロリスに代わって厳しい状況に置かれた。コノリーのシュートは一度跳ね返すもののまたコノリーに押し込まれるに至った。後半には2〜3回のセーブを記録したが、コノリーの2ゴール目には手が届かなかった。

ハリー・ウィンクス 5

スパーズのミッドフィールドに活気を与えたが、ピッチの中央のクオリティの低さは解決されなかった。5

ルーカス・モウラ 6

スパーズの攻撃に少しばかり命を吹き込み、キーパーに2〜3本のシュートで脅かした。

Tottenham Hotspur