/スパーズ対バイエルン・ミュンヘン:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

スパーズ対バイエルン・ミュンヘン:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

ウーゴ・ロリス 4

序盤にコマンからの強力なシュートは弾き出したが、前半のキミッヒの見事なフィニッシュには成すすべが無しだった。レヴァンドフスキのフィニッシュは少し不意を突かれるかたちとなったが、ニャブリーの2つのゴールは両方ともポストの内側に吸い込まれた。その後も続けざまにシュートはゴールに吸い込まれ、そのたびにボールは彼の横を通り過ぎていった。

セルジュ・オーリエ 2

前半30分にスパーズの2ゴール目なるはずだったエンドンベレへの低いパスを送った。しかし、後半のニャブリーの2度のゴールの場面で彼はポジションを大きく外してしまった。ラメラが攻撃参加から戻ってこない彼に、守備に戻ってくるように叫ぶ場面もみられた。

トビー・アルデルヴァイレルト 3

前半にエリア内で重要なブロックを何度かしたが、後半になってディフェンス全体が崩れてしまった。

ヤン・フェルトンゲン 3

いくつかの重要なインターセプトをしたが、前半終了間際にレヴァンドフスキがゴールを決めた場面ではその進軍を止めることができず、ディフェンスは彼の周りで崩れていた。

ダニー・ローズ 4

ケインのPKのゴールに繋がった敵陣エリア内でのファールを得たが、VARで見直した際には相手のチャレンジは緩やかなものに見えただろう。試合終盤のバイエルンの攻撃に対して後手にまわり、守備に遅れていた。

ハリー・ウィンクス 4

前半は素晴らしいスタイルのプレーを披露したが、ハーフタイムの前後でミスパスをして、スパーズを混乱させた。バイエルンの4点目はウィンクスのミスから奪われた。これまでウィンクスはチャンピオンズリーグで素晴らしい夜を過ごしてきたが、この夜は間違いなくそのうちの1つではないだろう。

タンギ・エンドンベレ 7

6分、孫興民に完璧なスルーパスを通したが、ソンはこれを決めきれず。その4分後にまた同じチャンスメイクをしたが、同じ結果になってしまった。30分を前に大きなチャンスがあったが、彼の低いシュートはノイアーによって防がれた。彼は前半は素晴らしいプレーを見せたが、後半のバイエルンのゴールには両方とも関与していた。60分過ぎにエリクセンと交代した。

ムサ・シソコ 6

彼のドリブルとポゼション・プレーが、孫興民の序盤のチャンスに繋がった。12分、韓国のスターの先制ゴールをお膳立てするパスを繋いだ。燃え上がる滑走と、重要なインターセプトを披露するも後半のバイエルン攻撃の流れを止めることはできなかった。

デレ・アリ 5

試合を明るくスタートさせ、アウトサイドのパスをケインに送るも、ストライカーのシュートはゴールならず。30分には孫へのパスで決定機を演出した。後半にアルデルヴァイレルトが組み立てて、チャンスを迎えた。残り20分でルーカスに交代した。

Tottenham Hotspur