/スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、シソコが好印象

スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、シソコが好印象

 

エリック・ダイアー 6

66分にウィンクスと交代するまで、中盤で堅さを見せ、シティの攻撃を分断した。

 

ムサ・デンベレ 7

シティの中盤と対峙してボールをキープする強さは、かつてのデンベレのようだった。シティの選手たちに休む間を与えなかった。

 

ムサ・シソコ 7

前半はデンベレと並んでスパーズのベスト・プレーヤーの一人だった。シティの攻撃を阻み、自陣へ寄せ付けなかった。右サイドを突破した際に、多くのオプションがあっただけに、もう少し良いパスをシティのエリア内に供給したかった。後半もトッテナムの前線への仕掛けを継続し、大きな信用を勝ちとった。

 

エリク・ラメラ 7

トッテナムの攻撃を主導し、前半はケインに2度のチャンスを演出したが、ストライカーは火を吹かず。後半にデレ・アリのパスを受けたラメラに、この試合でスパーズが最もゴールに迫った瞬間が訪れるが、ボールは大きく宙を舞った。あの決定機のことは、これから何度も脳裏をよぎることだろう。

 

ルーカス・モウラ 6

前半はそのスピードでシティを何度も悩ませたが、ダイブによってイエローを受けた。いつも通りの運動量でシティを混乱に陥れ、ラメラの決定的なチャンスにも絡んだが、打撲によって交代となった。