/スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、シソコが好印象

スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、シソコが好印象

スパーズのプレーヤー・レイティング:ムサ・シソコが好印象を残すも、エリク・ラメラはヒーローとなる決定的チャンスを逃す。ウェンブリーで1-0での敗戦となったマンチェスター・シティ戦のトッテナムの選手の評価。

 

ウーゴ・ロリス 6

序盤のシティのマフレズのゴールは、ロリスには為す術なし。スターリングに向かって飛び出し、角度の無い位置に追いやる。28分のマフレズのシュートは、弾いてポストに直撃させる。後半開始早々にアグエロにボールを供給するミスを犯し、あわや失点の場面を作る。65分にもアグエロのシュートをはじき出す。

 

 

キーラン・トリッピア 5

5分に酷く弱いヘッダーによるバックパスをスターリングにいとも簡単にさらわれて、マフレズのゴールへのアシストを許す。攻撃でもクリエイティブな能力を十分に発揮できず。シティに決勝ゴールを献上したエラーが記録されたのみだった。

 

トビー・アルデルヴァイレルト 7

コーナーからの序盤のヘッダーはエデルソンの正面。試合が進むに連れて、守備はどんどん良くなった。

 

ダビンソン・サンチェス 7

彼のエリアに転がってくるボールにほぼそつなく対処した。シティの選手で彼を突破できる者はいなかった。コロンビア人にとっては良い試合だった。

 

ベン・デイビス 6

昨シーズンの彼のレベルには、特に攻撃面ではまだ及ばないが、守備では堅さを見せた。