/ブライトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング、ラメラが試合を変えた

ブライトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング、ラメラが試合を変えた

スパーズのプレーヤー・レイティング:エリク・ラメラがまたしても試合を変えた。ケインが本来の姿を垣間見せる。アメックス・スタジアムで2-1の勝利を収めたトッテナムの選手たちの評価。

 

パウロ・ガッザーニガ 6

1年以上ぶりとなる先発出場を果たしたアルゼンチン人。ほとんど仕事は無く、あるコーナーの守備では不安定にも見えたが、クノッカートのシュートを足で阻止したプレーは重要な局面だった。同選手のアディショナルタイムの強烈シュートを止めれたはずだが、その直後のシュートはセーブしている。

 

キーラン・トリッピア 5

前半、マレーのハンドによるPKの判定を得たのは彼のフリーキックだった。ポゼッションで酷いプレーを時折見せ、失ったボールを奪い返すためにファールを犯しイエローカードを提示された。シーズン開幕前にイングランド代表やスパーズで見せたようなレベルではなかった。

 

トビー・アルデルヴァイレルト 7

序盤のヘッダーはディフレクトしてキーパーにセーブされた。その後は攻撃でも守備でも多くの重要なヘッダーをしている。

 

ヤン・フェルトンゲン 7

アルデルヴァイレルトほどではないが、それでも重要なインターセプトを披露。特に、残り10分での貢献は目立った。

 

ダニー・ローズ 6

後半はもっと敵陣への攻撃を見せるべきだった。守備では、クノッカートにファイナル・サードへの侵入を許したが、適時にボールへの対応を見せるようになった。こちらも時折不安定さを見せたが、ラメラへのパーフェクトな低いクロスを供給してスパーズの追加点をお膳立て。ただし、守備ではクノッカートにゴールをこじ開けられてしまった。

 

エリック・ダイアー 5

時折、酷いプレーを見せ、タッチのミスで自陣内でブライトンにボールを渡してしまった。これまでのシーズンのような安定感のある選手とは程遠い。

 

ムサ・デンベレ 6

ベルギー人は素晴らしいパフォーマンスを披露した。ポゼションでは、ここ最近の試合よりも明らかに良くなった。