/サウサンプトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング、ローズの忘れたい瞬間

サウサンプトン対スパーズ:プレーヤー・レイティング、ローズの忘れたい瞬間

 

エリック・ダイアー 6

久しぶりの出場となったがミッドフィールドとディフェンスとをスイッチしながらプレー。それほど悪くはなかったが、ウィンクスの役割である「ボールをすばやく動かす」ことは果たせなかった。

 

ムサ・シソコ 7

いつもどおりのエネルギッシュなプレーは見れたが終盤に取っ組み合いをしてイエローカードを受けることになった。終盤にシュートを放ったがサウサンプトンのディフェンダーの頭に阻まれた。

 

クリスチャン・エリクセン 6

序盤はケインへの素晴らしいパス供給を見せ、直接フリーキックから狙ったシュートがバーを叩いた。アリの復帰で息を吹き返した前半だったが、後半は序盤にケインへのパスを送ったのを除けばチームが彼に期待する活躍は鳴りを潜めた。

 

デレ・アリ 8

10試合ぶりの復帰。序盤はローズの供給したボールをヘディングでケインにつないで持ち味を発揮。さらにケインとのピッチを大きく使ったパスでの連携で先制ゴールをお膳立てし、2人でゴールを生み出してみせた。後半開始早々にもケインのゴールをアシスト仕掛けた。さらに相手の攻撃ではフリーキックのピンチにダイビングヘッドでクリアをした。残り10分でピッチを後にした。

 

ルーカス・モウラ 4

またこのブラジル人から努力みなぎるパフォーマンスが見られたが、チームへの貢献という点ではほとんど戦果を出せなかった。