/ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

カイル・ウォーカー・ピーターズ

この右サイドバックもまた1月にローン移籍となっており、その行き先はサウサンプトンだ。

消化試合となったチャンピオンズリーグのグループステージ第6戦、バイエルン・ミュンヘン戦でモウリーニョの目を引くことができなかった右サイドバックだが、ボスの評価を変えるためにはやるべきことがたくさんある。

今のところ、同選手のスパーズの将来はあまり有望とは言えないだろう。

ファン・フォイス

フォイスはアリアンツ・アリーナでのバイエルン戦の敗戦でモウリーニョに好印象を与えたように見えたが、それ以降はほとんど彼の姿を見ることができていない。

実際のところ12月のノリッチ・シティ戦でミスを犯して以来、トップチームで出番は無い。

ポチェッティーノが同じアルゼンチン出身の同胞を非常に高く評価していたのに対し、モウリーニョはそうは思っていないようだ。