/ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

スパーズが苦戦している状況にあったため、ファンは以前から彼にチャンスを与えることを求めていたが、ポチェッティーノは常に彼を先発に指名する誘惑を抑えていた。

モウリーニョはリバプール戦でこの選手を投入したが、リーグ首位を独走する相手に対してでも、そのプレーに一度も違和感を感じることはなかった。

デビュー以来、安定した出場機会を得るようになり、その将来は大きく嘱望されている。

敗者

ヤン・フェルトンゲン

この経験豊富なベルギー人にとって、非常に奇妙なシーズンになっている。

2012年にアヤックスからスパーズにやってきて以来、常に先発メンバーに名を連ねる優先候補となっていたが、まるで一夜にして歳をとったかのように、彼は自分のベストフォームを見つけるのに苦労している。

モウリーニョのもとで出場機会が不安定になっているが、契約が切れる次の夏には退団することになりそうだ。

タンギ・エンドンベレ

エンドベレのノースロンドンでの最初のシーズンは、全く計画通りにはいかなかった。

7月の初めにリヨンからクラブ記録の高額な移籍金で獲得したこのフランス人は、そのクオリティの高さを垣間見ることができたが、フィットネスの問題で90分間をフルにプレーしたのは5回だけで、モウリーニョのもとではそのうちの1回のみだった。