/ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ハリー・ウィンクス

モウリーニョは就任して最初の数週間、中盤を入れ替えてウィンクスをベンチに置いた。

後に彼は自力で先発メンバーに返り咲き、今ではメンバー選考時に最初の一人として名を連ねるようになった。

3月初旬のホームでのウルブズ戦でキャプテンを務めたことでも、ボスは明らかに彼を高く評価していることがわかる。

トビー・アルデルヴァイルド

アルデルヴァイルドは、マンチェスター・ユナイテッド時代にモウリーニョ代獲得を試みたこともあるほど、高い評価をする選手の一人だ。

契約期間の最後の数ヶ月間という事実から、シーズン終了後にフリーでクラブを去ることが不可避に思えたが、彼は12月にスパーズと新たな契約を結び、クラブに長期的な将来を約束した。

今後数年間、ボスにとって重要な選手となるだろう。

ジャフェト・タンガンガ

モウリーニョのこれまでの在任期間の中で、おそらく最大の「勝利」を得たのはタンガンガだろう。

https://i2-prod.football.london/incoming/article17724996.ece/ALTERNATES/s615/0_GettyImages-1203586392.jpg