/ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ジョゼ・モウリーニョ就任後の「勝者」と「敗者」

ジョゼ・モウリーニョが初めてトッテナム・ホットスパーの指揮を執ってから4ヶ月が経とうとしている。

マウリシオ・ポチェッティーノの後任に就任したのはわずか数日後に、スパーズはウェストハム戦で3ゴールのリードを奪い、3-2の勝利を収めた。

それ以来、成績は上下しており、シーズン終了時に4位以内に入るためには、スパーズは大きな課題を抱えている。

新監督の就任は、ある選手にとってはうまくいくこともあれば、そうでない選手にとってはうまくいかないこともあるのが常だ。

しかし、これまでの彼の短い在任期間のなかで、勝者と敗者は誰なのか?

勝者

ジオバニ・ロチェルソ

モウリーニョ監督の就任後の最初の数ヶ月間は、彼にとってはあまり良い状況とは言えなかったが、ミドルズブラ戦とリバプール戦では途中出場で大きな役割を果たし、スターティング・イレブンに入りレギュラー・ポジションを獲得した。

2020年に入り、スパーズの最も重要な選手となっている彼は、これから出場時間を重ねれば重ねるほど調子を上げていくだろう。