/1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

ストライカー

おそらく、今シーズンのトッテナムの夏の移籍マーケットでの最大の失敗は、フェルナンド・ジョレンテの後任を見つけられなかったことだろう。

長身のスペイン人は、決して点取り屋ではなかったが、ケインが外れたときにスパーズに前線でのターゲットマンとなり、ロングボールを落として周りの選手のゴールを演出した。それによって、本職のストライカーではないルーカス・モウラやソン・フンミンが輝きを放つことができていた。

トロイ・パロットは多くの可能性を秘めているが、わずか17歳ではまだモウリーニョによってケインの代役に抜擢される準備ができているとは見なされていない。

ストライカーの補強に関しては、スパーズの問題はこれまでと変わらない。スパーズにとってケインが常にファースト・チョイスであり、2トップを採用することもないため、ビッグネームを補強するのが困難になっている。

つまり、油の乗った世代のストライカーではなく、これからの若手か、キャリアのピークを越えた経験豊富なベテラン、またはワイドなポジションとストライカーを兼任できる選手を補強ターゲットにしなければならない。

ティモ・ヴェルナーであればそれらの要件をすべての満たしているが、ゴールを量産する23歳のライプツィヒのスターは、報道によるとバイアウト条項が次の夏の移籍マーケットでのみ有効となるため、この冬の移籍マーケットでは大きな資金を要することになる。

また、ヴェルナーはライプツィヒで今シーズンのブンデスリーガ優勝を狙っていることを示唆し、ユーロ2020を終えるまでは移籍については話題にしないとしている。また、多くのクラブがその成長を注視しているため、獲得争いは熾烈を極めるだろう。

もう一つの選択肢、それはファンを興奮させることはないジョレンテのような仕事人タイプのベテランになる。さらに複数ポジションをこなすことができるベテランであれば、スパーズにとって一石二鳥と言えるだろう。

スパーズは何年もの間、ナポリのドリース・メルテンスに関心を持ってきた。最前線でもワイドな位置でもプレーできるナポリのアタッカーは、32歳となった今、スパーズの補強ターゲットになりうるだろうか? メルテンスのナポリとの契約は夏に満了するため、今月の移籍も格安になる可能性が高く、フォワードの複数のポジションで彼の経験を追加することができる。

また、別のベルギー人となるが、現在、中国にいるモウリーニョの秘蔵っ子である。こちらも32歳のマルアン・フェライニを獲得するのは、ファンにとって見事な補強とは見なされないだろうが、ターゲット・マンとしてジョレンテの役割を務めることができ、またダイアーのみの守備的ミッドフィルダーにオプションを追加することができる。

どちらもクラブにとって短期的な戦力追加であり、スパーズがこのような動きをすることはめったにないが、モウリーニョとスパーズのために、短くも期待される役割をこなせる可能性がある仕事人たちだ。

Tottenham Hotspur