/1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

デンマークでの報道によると、選手ととクラブは1月のインテル・ミラノへの移籍に向かっているとのことだ。

クラブを去ることが確実視される選手からいくらかのお金を得たい、という点ではスパーズらしいと言えるが、モウリーニョが就任してから2試合を除くすべての試合でプレーし、ここ3試合ではフル出場している選手が抜けるのであれば、その代替となる選手が必要であろう。

ジオバニ・ロチェルソの存在も忘れてはいけない。このアルゼンチン人は、自身にできることの片鱗を垣間見せており、中盤のより深い位置でプレーするだけでなく、ピッチをさらに高い位置でもプレー可能な点は、エリクセンの移籍による穴を埋めることに寄与する。

スパーズは今月、23歳のロチェルソの買取を決めれば2700万ポンドで獲得が可能で、その判断を夏にすると3400万ポンドに値上がりするために、より低い価格での獲得を決断すると予想される。なお、クラブがレヴィ会長とモウリーニョの目標であるトップ4入りを果たすと、その時点でロチェルソの買取金額は自動的に3400万ポンドになる。

しかし、エリクセンが移籍すれば、スパーズは今シーズンそのポジションで苦労していることもあり、ロチェルソだけでなくさらなるプレイメーカーを必要とする可能性がある。

今月わずか3000万ポンドでアヤックスから獲得可能とされるハキム・ツィエクに視線を向けるのも悪くはないだろう。

元スパーズの指揮官であるマーティン・ヨルは、ツィエクの活躍でアヤックスがチャンピオンズリーグ・セミファイナルに進出を決めた後、London.Footballに、この26歳のミッドフィルダーがスパーズにぴったりであると語っていた。

それ以来、オランダの巨人で8つのゴールと21のアシストを記録したこのモロッコ人は、トッテナムに確かに創造性と狡猾さを加えるだろうが、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドも獲得レースに参戦してくるかもしれない。

かつてスパーズが注視していたトマ・レマルは、アトレティコ・マドリードに移籍してポジション争いに敗れてしまった。

スペインでの彼の苦戦によって、ノースロンドン行きのドアが開かれるかもしれないが、ローンでの補強を進めたとしても、その額は安くは無さそうだ。