/1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

セントラル・ミッドフィルダー

実質、ダイアーのみとなっている守備的ミッドフィルダーに経験豊かな選手を補強して、オプションを追加す可能性がある。特にワニアマの移籍がこの冬に成立すれば、補強資金の足しになるだろう。

モウリーニョは、スパーズにやってきた当初、ピッチの中央でホールディング・プレーヤーとパサーを並べたいと明らかにしていた。しかし実際のところ、ここ数週間でそのような選手起用はできていない。

ムサ・シソコが負傷離脱中でその復帰の目処が立っていない中、さらにエンドンベレも鼠径部の負傷に苦しんでいる。

日曜日のミドルスブラ戦で足首を打撲したハリー・ウィンクスは、プレミアリーグで出場機会を減らしているため自信に欠いている。

オリバー・スキップはローンで放出されることがありうるが、19歳でホーム・グロウンという希少な選手であるため、モウリーニョがこのティーンエイジャーをクラブに留め、成長を見守ることも考えられる。

ワニアマの放出によって新たなホールディング・プレーヤーのスペースを空く可能性があるが、マンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・マティックの経験を持ち込むという考えはスコット・マクトミネイの負傷離脱によって打ち消されたようだ。

アタッキング・ミッドフィルダー

このポジションでの動きは、クリスチャン・エリクセンが2月になってもまだトッテナム・ホットスパーのユニフォームを着ているかどうかによって異なってくる。